【偉大なる王フェリペ2世】1556年スペイン フェリペ2世4エスクード金貨【MS63+】

6345081-001
6345081-001 6345081-001

1556年スペイン フェリペ2世4エスクード金貨【MS63+】

(6345081-001)
2024年06月04日

【販売価格】

1,490,000

1556年スペイン フェリペ2世4エスクード金貨NGC MS63+のハイグレード品でございます。

 

表面:戴冠の盾の紋章

銘文はラテン語で「PHILIPPVS II DEI GRATIA」

直訳すると「フェリペ2世神の恵み」

裏面:四葉の中心に強力な十字の紋章(クロスポテンシャル)

銘文はラテン語でHISPANIARVM REX

直訳すると「ヒスパニア(現在のスペイン・ポルトガル辺りの地方一帯)の王」

 

 

鑑定番号:6345081-001

https://www.ngccoin.com/certlookup/6345081-001/63/

NGC鑑定枚数は68枚、MS63+はこの1枚、上位は3枚のみのハイグレード品でございます。

直径約29mm、重量約13.46g、85.6~91.7%金の金貨です。

 

スペイン黄金期の偉大な王「フェリペ2世」の4エスクード金貨になります。

 

「エスクード」は、「盾」という意味を持っておりまして、16~19世紀にかけてスペインで発行されていた金貨です。大きさは1/2~8エスクードまであり、今回の4エスクードは8エスクードに次いで2番目に大きなサイズの金貨です。

スペインのエスクード金貨はそのゴツゴツとした形状から通称「コブコイン」と呼ばれており、そのワイルドさはまるでスペイン大航海時代の海賊のお宝をイメージさせるような金貨となっております。

 

今回の金貨はフェリペ2世(在位1556~1598年)統治の時代にスペインで発行された金貨です。

 

ハプスブルク家の君主フェリペ2世は、絶対君主の代表格にも位置づけられる人物で、スペイン黄金世紀の中でも最盛期に君臨した偉大なる王です。

 

フェリペ2世の影響は世界中に広がります。

イングランド女王であるメアリー1世と結婚期間中、共同統治者としてイングランド王フェリペ1世の称号を有し、1580年からはポルトガル国王も兼ねました。

スペイン絶対王政を確立し、その治世は、欧州にとどまらず、中南米、アジア(フィリピン)に及ぶ大帝国を支配し、地中海の覇権を巡って争ったオスマン帝国を退けて勢力圏を拡げました。

植民地を含めた広大な領土を支配し、「太陽の沈まない国」と形容されたスペイン絶頂期の国王です。

 

同じ時代を生きたエリザベス1世とは、永遠のライバルとでも言うのでしょうか。メアリー1世の死後、エリザベス1世に求婚するも断られてしまい、アマルダの海戦ではエリザベス1世率いるイングランドに敗戦し、スペインは衰退していく流れとなります。

 

コインの話に戻りましょう。個人的には「ザ、お宝!」というイメージのあるこのコイン、日本ではまだ知名度は高い方ではありませんが、海外ではかなりの人気を誇ります。コブコインだけのオークションが開催されるほどコレクターが存在しております。

 

オークションレコードを見てみましょう。

2022年4月にAU55が124万円で(7,200$×1.1×@157円)落札

2024年5月にMS64が228万円で(13,200$×1.1×@157円)落札

最も大きい8エスクードでもまだ1000万円を切る価格で入手することが出来ます。4エスクードですと、MSグレードでもまだ何とか100万円台での入手が十分可能です。

 

フェリペ2世の13gオーバーのコインがこの価格なのは、どう考えても安いですね。デザインは好き嫌いがあるのでしょうが、それでもこちらのコブコインはまだまだ過小評価されているコインだと思います。非常に狙い目の1枚なのではないでしょうか。

今回、MS63+で149万円でのご案内でございます。直近の2024年5月にはMS64が228万円で落札されておりますので、非常に妥当な価格帯かと思われます。

 

「無敵艦隊スペイン」と称された大国スペインの偉大なる王、フェリペ2世のコブコインをオススメ致します。

 

 

※当店に到着しておりますので、即納コインです。

在庫状態 : 在庫有り
¥1,490,000(税込)
数量